INFORMATION

宅地建物取引業法の一部を改正する法律

  1. 既存建物取引時の情報提供の充実

既存建物取引時に、購入者は、住宅の質に対する不安を抱えている。一方で、既存建物は個人間で売買されることが多く、一般消費者である売主に広く情報提供や瑕疵担保の責任を負わせることは困難。

⇒不動産取引のプロである宅建業者が、専門家による建物状況調査(インスペクション)の活用を促すことで、売主・買主が安心して取引ができる市場環境を整備

など、詳細は確認してください。

最近の記事

アーカイブ一覧

カテゴリー

PAGE TOP